レイチェルワインはどの肌タイプでも大丈夫?

レイチェルワイン

 

どんな肌質の人も安心して使うことのできる化粧品です。それは、こだわりぬいた成分のみで作られているためです。

 

クレンジングを使わずに落とせるファンデーション

 

レイチェルワインのファンデーションには油を全く使っていません。そのために、洗い落とす時にクレンジングは必要ありません。洗顔料だけで、汚れとファンデーションがきれいに洗い流せるので皮膚に必要な油分などを、肌から奪わずにすみます。

 

このために肌本来の保湿力や活性力が甦ってくるので、乾燥肌、敏感肌、ニキビ肌で悩んでいる人にもお勧めできるファンデーションです。

 

従来のファンデーションとの違いはまだあります。多くのファンデーションはつけてから時間がたつほど汗や脂がファンデーションを内側から持ち上げるので崩れやすくなってきます。

 

その点、レイチェルファンデーションは皮膚らから出てきた脂をコスメが吸収します。このため崩れにくくなるだけではなく、時間がたってもしっとりと肌になじんだ状態が長続きします。

 

ファンデーションと脂で肌にベールを被せるので皮膚を乾燥から守り、潤いを与えます。その上、肌のバリア機能を高めてくれるのでどんな肌タイプの人にも嬉しいコスメです。

 

タルクとオキシ塩化ビスマスも使用していない

 

レイチェルワインファンデーションに使われていないものは油だけではありません。防腐剤や合成界面活性剤、そして香料も不使用です。

 

レイチェルワインさんが多くの日本人の肌を見てきた経験を生かして、日本人の肌に合う化粧品に仕上げています。そのため海外で作られたものより安心して使えます。

 

最近ではよく「タルクフリー」と書かれた化粧品も出回っていますね。タルクはヨーロッパでよく採れる天然の鉱物です。成分同士を混ぜ合わせる時に接着剤の役割をすることと色を白くする効果があるために、化粧品に使われることがよくあります。

 

ベビーパウダーにもよく使われる成分でもありますが、その一方で、かゆみや乾燥の原因になるといわれてるためにレイチェルワインでは使用していません。

 

オキシ塩化ビスマスも鉱物から採れる成分です。肌をつやつやにする働きがあるのですが、気になる副作用もあります。ニキビや湿疹、かゆみを引き起こす原因にもなるために、敏感肌の人だけではなく、肌に使うことは避けておきたい成分です。

 

ここまでこだわり抜いたファンデーションなら、どんな肌質の人も納得して使えるのではないでしょうか。

 

  

↑口コミランキング1位の実績↑